満塁のピンチ、堀越・加藤君が覚悟の登板 帝京監督も舌を巻く変化球

本多由佳
[PR]

 (25日、高校野球東東京大会準々決勝、帝京7―0堀越)

 三回裏、堀越のマウンドに背番号10、加藤宇(そら)(3年)が上がった。1死二、三塁で帝京の4番打者、大塚智也(同)を申告敬遠にして満塁になったところで、先発の佐藤虎ノ介(同)から引き継いだ。「加藤の球威で抑える」。これが小田川雅彦監督の作戦だった。

 加藤は5番・徳永旺典(同)を145キロの速球で空振り三振に打ち取った。次打者は死球で押し出し。続く7番・稲垣渉(2年)への初球は146キロ。スタンドが沸いた。2球目が高めに浮き、それをはじき返された。打球は左翼スタンドへ飛び込み、満塁本塁打。加藤は、次々と本塁を踏む走者を見つめていた。

 加藤は前日、体調を崩して練習を休んだ。この日も万全ではなかった。ブルペンでは直球はいつもより走らず、変化球も決まらない。「それでも行くしかない」。覚悟のマウンドだった。

 加藤は昨夏、小山台との5回戦で救援投手として登板したが、1回1失点だった。「大事な場面でピシャッと抑えられる投手になりたい」とトレーニングを積んだ。体重を5キロ以上増やし、足腰を鍛えた。春には球威も増し、都大会では強豪の東海大菅生(西東京)戦でも三振を奪った。

 この日、満塁本塁打を浴びたことを、捕手の富田直輝(3年)は「加藤の得意な直球を生かそうと思った。自分のリードが悪かった」と加藤をかばった。三回以外は無失点に抑え、ピンチは三振で切り抜けた。

 小田川監督は「(調子が良い時は)直球の伸びが違う。今日は『並の並』だったが、神宮のマウンドで誇り高く投げてくれた」とたたえた。帝京の金田優哉監督も「あのスライダーですね……。対戦してきた中であれくらいのボールを投げられる投手はいなかった」と舌を巻いた。

 結果は0―7のコールド負け。「力の差というか、コールドはさすがだな、と」。加藤はグラウンドに帝京の校歌が流れた後、小さく拍手を贈った。=神宮(本多由佳)