「表現の不自由展」、8月に名古屋の市施設で 完全予約制で開催

有料記事

[PR]

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で一時中止されるなどした企画展「表現の不自由展・その後」の展示作品が、8月25~28日に名古屋市中区の市施設「市民ギャラリー栄」で展示される。不自由展の中止に抗議してきた市民団体が25日発表した。

 昨年も展示した、慰安婦を表現した少女像や昭和天皇を含む肖像群が燃える映像作品、元慰安婦の写真のほか、昭和天皇についての絵画作品などを加えるという。

 昨年7月、同会場での展示3…

この記事は有料記事です。残り256文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!