帰らぬ夫、人生一変したあの日 だからこそ願う「美談にしないで」

有料記事

江戸川夏樹
[PR]

 そこに立ったとき、岡真裕美さん(42)の頭の中に、あだち充さんの人気漫画「タッチ」の一場面が浮かんでいた。

 子どもをかばって車にはねられ、亡くなった和也の姿をみて、双子の兄・達也は霊安室で言う。

 「きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ」

 岡さんが霊安室でみた顔は、漫画みたいに穏やかだった。

 あの日から、もう10年になる。

 大阪府茨木市。夫の隆司さんは、午後2時、日課のジョギングに出かけた。

 2時間後には、長男を水泳教室に連れていく。

 「それまでに帰るから」

 そんな声を聞きながら、岡さんは睡魔に襲われていた。

 日は傾いた。まだ夫はいない。携帯は自宅に置きっぱなし。電話の音が部屋で鳴っていた。

 すっぽかす性格ではない。おかしい。

 血圧が高めだった夫。どこかで倒れた?

 不安に駆られ、消防署に電話した。

 「177センチ80キロ、30代。そんな男性が運ばれていませんか?」

 電話の窓口から、慌てふためく状況が伝わってきた。

 「ちょっと待ってください」。何度も転送された。

 何かが起きている。嫌な何か。

警察署から電話、2人の子どもに告げた言葉

 そして突然、告げられた…

この記事は有料記事です。残り2192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    伊藤大地
    (朝日新聞デジタル編集長)
    2022年7月31日15時58分 投稿
    【視点】

    「美談にしないで」。遺族の方の言葉が強く胸に響きます。私たちは伝えるのが仕事ですが、その伝え方は適切であったか。ただのストーリーで終わらせず、「もしその場面に居合わせたら、どうすべきか」を提示しなくてはならないのではないか。取材に応えていた