自称目立ちたがり屋、狙った先制打を放つ 札幌大谷・天野凰介選手

能田英二
[PR]

 26日、高校野球南北海道大会決勝、札幌大谷7―2知内

 三回表、札幌大谷の先制打を放ったのが天野凰介選手(3年)だ。「決勝の先制点は重要。自分で決める」。1死一、二塁、狙い球のスライダーをとらえ、右中間二塁打にした。

 攻撃スタイルは「先頭で出塁し、つなげて、決められる。全部こなせる選手」だ。この日、バント安打や犠打を決めれば、九回にも右前安打で好機を広げ、7点目の生還者になった。

 左翼手の守備位置は大胆に変えた。時には定位置より数メートル前に、時にはライン際すれすれに。「右翼浜野櫂選手と中堅丸山雄大選手と外野の3人は1年秋から一緒にやってきて、ポジショニングには自信がある」。外野の3人で投手と打者の力関係、打球の傾向をアイコンタクトで確認しあった。たとえ安打性の打球でも天野選手の「定位置」で難なくさばき、投手を助けてみせた。

 自称「目立ちたがり屋」。全校応援の生徒たちの前で攻守に輝き、「バッチリ目立てました」。(能田英二)