第14回短歌や俳句の会のハラスメント 連句人・高松霞さんのもとに届いた声

有料記事

聞き手・土屋香乃子
[PR]

 性暴力やセクシュアルハラスメントをなくそうと、短詩の世界でも声を上げた人がいます。複数人で「五七五」の長句と「七七」の短句を交互につなぐ「連句」に取り組む高松霞(かすみ)さんは、俳句や短歌、連句の会での被害体験を募り、全国の団体にハラスメントへの対策を求める要望書や、ガイドラインを示したパンフレットを送りました。自身もセクハラ被害に遭った経験があり、「10年後、20年後にこの世界にいる人たちのために」という思いが原動力になっていると話します。

たかまつ・かすみ

連句人。プロジェクト「短歌・俳句・連句の会でセクハラをしないために」を立ち上げた。都内の連句団体に所属し、連句未経験者のためのワークショップ「連句ゆるり」も開催。ライターとしても活動する。プロジェクトの詳細や、パンフレットを販売する書店一覧などはnote(https://note.com/kasumitkmt/all別ウインドウで開きます)から。

 ――「短歌・俳句・連句の会でセクハラをしないために」と名付けたプロジェクトを立ち上げました

 「(性暴力に抗議するフラワーデモが国内で始まるなどした)2019年に#MeTooの盛り上がりを目にし、短詩の世界でも何かできるのではないかと思いました。(俳句や短歌を詠む人が集い、作品を発表する)結社やグループなど、様々な場所でセクハラがあると聞いていたので、体験を集めたら何か力になるのではないかと考えました」

「恋句が得意でしょう?」「デートしてくれ」

 ――まずネット上で被害体験を募ったんですね

 「19年3月からnote(…

この記事は有料記事です。残り2339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載声をつなげて 文化芸術界から#MeToo(全15回)

この連載の一覧を見る