舞台で激しく、大好きな幽霊役 「頭痛肩こり樋口一葉」の若村麻由美

有料記事

編集委員・藤谷浩二
[PR]

 こまつ座が井上ひさし作「頭痛肩こり樋口一葉」を6年ぶりに上演する。1984年のこまつ座旗揚げ公演で初演され、再演が繰り返されてきた人気作だ。3度目となる幽霊・花蛍を演じる若村麻由美は「難しいけれど大好きな役です。体力的には本当に大変で、今回が一世一代、最後かもと思って臨みたい」と語る。

 明治時代に貧しい一家の暮らしを文筆で支え、24歳で夭折(ようせつ)した一葉と彼女を取り巻く5人の女性を描く。お盆に現れる花蛍は、生前に自身に戒名をつけた夏子(一葉)の厭世(えんせい)の念が生んだ「分身のような存在」(若村)。舞台を縦横無尽に動き回るが、その姿は夏子にしか見えない。

 生前は遊女で、幽霊なのにお人よしで誰を恨んでいるかもわからない。そんな喜劇味もたたえた花蛍は木村光一演出の初演以来、新橋耐子の好演で知られ、若村も観客として楽しんできた。2013年に栗山民也による新演出、小泉今日子の夏子で初めて演じた際は「後世にもずっと残るだろう伝説的な傑作で、『あのすごい役をまさか私が』と信じられない思いでした」と振り返る。

小泉今日子、永作博美、そして今回の貫地谷しほり。3代の「夏子」に向き合う3度目の「花蛍」を、若村さんは「3回も演じられて幸せ」と言い切ります。記事の後半では、作者の井上ひさしの言葉に寄せる気持ちもご紹介します。

 栗山からは「幽霊らしくない…

この記事は有料記事です。残り922文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!