谷亮子さんが考える 「勝利至上主義」と「勝利を目指す」の違い

有料記事

聞き手・中島鉄郎
[PR]

 小学生の柔道全国大会が、「行き過ぎた勝利至上主義」の是正を理由に中止された。子どものスポーツはどうあるべきか、いまさまざまな観点から問い直されている。小学校2年生から柔道を始め、世界の頂点での勝利も敗北も味わった五輪5大会連続メダリストの谷亮子さんは、どう考えているのだろう。

 1975年生まれ。福岡市出身。小学校2年で柔道を始める。シドニー、アテネ両五輪金メダルなど五輪で5大会連続メダル獲得。世界選手権でも7回優勝するなど48キロ級で圧倒的な強さを見せた。ヤワラちゃんの愛称で親しまれる。元参院議員。

 ――小学生の柔道全国大会の中止を聞いてどう思われましたか。

 「率直に寂しい気持ちがしました。私自身、小学生の時に全国大会に出場しています。憧れの大会でしたから、鮮明に覚えています。その年齢の、その時期の貴重な経験で、成長につながるものを得たからです」

 「大会が廃止されてしまうと、目指している子どもたちの目標の場所がなくなってしまいます。全日本柔道連盟での議論の結果、全て廃止するのではなく団体戦は残すことになり、5月の大会はその形で開催されました」

 ――「行き過ぎた勝利至上主義」についてはどう思われますか。

 「周囲が、子どもたちに対し…

この記事は有料記事です。残り2602文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    平尾剛
    (スポーツ教育学者・元ラグビー日本代表)
    2022年7月31日13時54分 投稿
    【解説】

    「負けから学ぶものは少ない」という現役時代の考えが、引退後、指導に携わった経験を通じて変化している様子がよくわかります。指導者の立場から現役時代を振り返って柔道観が変わった。これは私も経験したことで、とてもよくわかります。 とはいえ、

  • commentatorHeader
    おおたとしまさ
    (教育ジャーナリスト)
    2022年7月31日12時16分 投稿
    【視点】

    柔道の創始者・嘉納治五郎が残した言葉に「順道制勝」があります。武道の目的は、本当に生死を分けるような状況でベストパフォーマンスを発揮できるような心と体を準備することであり、目先の試合に勝利することではないと強く戒める言葉です。合気道の創始者