なぜ役員報酬だけ増えるのか 「欧米化」する日本企業、賃金は横ばい

有料記事

村上晃一、女屋泰之 稲垣千駿 橋本拓樹、田幸香純
[PR]

 2022年3月期決算の企業で1億円以上の報酬を受け取る役員が600人を超えた。好業績もあって報酬は上昇傾向だが、従業員の賃金はなかなか増えない。

 「業績や時価総額が上がっているとはいえ経営は混乱している。役員報酬のルールを変えるべきではないか」。6月28日にあった東芝の株主総会で疑問の声が上がった。

 東芝では報酬が1億円以上の…

この記事は有料記事です。残り1807文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!