トシくんは「2度殺された」 赤木雅子さんの本人尋問、主なやり取り

有料記事

森下裕介
[PR]

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題で、改ざんを強いられ、自死した近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(当時54)の妻雅子さん(51)が財務省元理財局長の佐川宣寿(のぶひさ)氏に損害賠償を求めた訴訟が27日、大阪地裁で結審した。この日は雅子さんへの本人尋問があり、原告側代理人からの質問に答えた。被告側と裁判官は質問しなかった。主なやり取りは次の通り。

 ――あなたが俊夫さんと付き合うようになった決め手は

 誠実な人で、明るくて活発な人だったことです。笑い声が印象的でした。

 ――俊夫さんが仕事を嫌がったことは

 ほぼなくて、仕事を楽しんでいる感じがしました。

 ――俊夫さんの性格は

 仕事が大好きな人。近所の人に「僕の雇用主は国民なんだ」と言っていて、国民のために仕事ができることに誇りを持っていたと思います。

 ――結婚生活はどうでしたか

 普通の生活だったけど、毎日充実していて、こんなことになるなんて思っていなかったです。

 ――改ざんの指示があった2017年2月26日のことを教えてください

 岡山の母が遊びに来ていたので、梅を見に行っていました。(近畿財務局の)上司から電話があり、「困っているので助けにいく」と言っていたので送り出しました。

 (俊夫さんは、上司に対し)涙を流して「(改ざんを)してはいけない」と訴えたそうです。

 ――改ざんは、俊夫さんにと…

この記事は有料記事です。残り1107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!