ベビーカーから突然の衝撃音…エアタイヤ破裂に注意 20m飛散も

有料記事

寺田実穂子
【動画】空気の入れすぎでタイヤが破裂する実験=NITE提供
[PR]

 自転車と同じようにタイヤに空気を入れるタイプのベビーカーで空気を入れすぎると破裂の恐れがあるとして、独立行政法人製品評価技術基盤機構」(NITE)は28日、実験動画を公開し、注意を呼びかけた。鋭利なプラスチック部品の破片が20メートル以上先まで飛散するほどの威力があり、目に当たれば失明の危険があると指摘。気温が高くなる夏場はタイヤ内の空気も膨張することから、特に注意が必要としている。

 ベビーカーはプラスチック製など空気を入れないタイヤが主流だが、ゴム製で空気を入れる「エアタイヤ」の製品も増えてきている。地面からの振動が伝わりにくい分、走行性や乗り心地が良いとされ、人気がある。ただタイヤの空気は次第に減るため、ユーザー自身が空気を入れる必要がある。

 関東地方に住む30代の女性も愛用者の一人。ところが昨年7月、1歳の娘と出かけたショッピングモールで思わぬ事故を経験した。

 「バンッ」。大きな破裂音が…

この記事は有料記事です。残り856文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!