第2回「かたきとってね」別れ際に妹が見せた負けん気 約束した優しい兄は

[PR]

 「公(きみ)ちゃん」とみんなから呼ばれる鈴木公子さん(9)は、ほがらかでちゃめっ気たっぷりの3年生。

 仲良しの兄は、6年生の英昭(ひであき)さん(11)。優しくて頭が良く、誰からも好かれる。

 2人には、小さな理髪店を営むお父さんと、優しいお母さんがいる。

 公ちゃんと英昭さんが遊んでいると、お父さんが趣味のカメラでよく撮ってくれる。1人ずつに専用のアルバムも作ってくれた。

 8月6日午前8時15分。米国が、広島に原子爆弾を落とした。

 その瞬間。公ちゃんと英昭さんは学校にいた。

 校庭にいたという公ちゃんは、全身に重いやけどを負った。

 鉄筋コンクリートの校舎内にいた英昭さんは奇跡的に大きな外傷がない。

 倒れていた公ちゃんをおんぶして、約2キロ先の救護所まで逃げた。

 着いた時、公ちゃんはひどく…

この記事は有料記事です。残り1015文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]