敦賀気比、4大会連続11回目の夏の甲子園へ 北陸を破る 福井大会

[PR]

(28日、高校野球福井大会決勝 敦賀気比8―4北陸)

 第104回全国高校野球選手権福井大会(朝日新聞社、県高校野球連盟主催)の決勝が28日、福井市の県営球場であった。敦賀気比が北陸を下し、中止の102回大会を挟んで4大会連続11回目の甲子園出場を決めた。8月6日に開幕する選手権大会に出場する。

 エースで4番の上加世田頼希(3年)がチームの柱。打撃は準決勝までの4試合は、いずれも2桁安打を放つ強力打線。投手陣も上加世田と左腕の清野仁楽(同)の継投で勝ち上がり、2回戦以降は福井商、丹生、啓新の強豪校を零封した。