全国学力調査の中3理科、正答率17ポイント減 「探究学習」に課題

有料記事

桑原紀彦
[PR]

 文部科学省は28日、小学6年生と中学3年生を対象にした今年度の全国学力調査の結果を公表した。4年ぶりに行われた理科で、中3の平均正答率が約17ポイント悪化。学習指導要領の改訂で重視された「探究学習」に関する問題の一部で正答率が低く、指導要領の求める内容に十分対応できていない状況がうかがえた。

 今年度の調査は4月に行われ、約2万9千校の191万人が参加した。理科は小6、中3とも2018年度以来。中3は、昨年度に全面導入された新しい指導要領の内容を反映した初めての調査となった。

 最も平均正答率が低かったの…

この記事は有料記事です。残り690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!