あれから1年、東京五輪の「レガシー」 評価できる?できない?

有料記事

聞き手・笠井正基 聞き手・稲垣康介
[PR]

 コロナ禍で1年延期して開かれた東京五輪から1年。「コンパクト」「復興」「多様性と調和」などのキーワードが掲げられた祭典は何を残したのか。レガシー(遺産)は残るのか。

インタビュー企画「耕論」の今回のテーマは、東京五輪・パラリンピックのレガシーについてです。五輪メダリストの有森裕子さんは、アスリートが主体的にスポーツの意義を考える契機になったと前向きに評価します。国際ボート連盟理事の細淵雅邦さんも、コロナ禍にもかかわらず生まれた人の絆こそレガシーだと指摘。一方、前ドーム社CEOの安田秀一さんは、開催する意義のあいまいな「政官五輪」だったと手厳しく批判します。

スポーツとは何か、アスリートが考える機会に 有森裕子さん(五輪マラソンメダリスト)

 スポーツのあり方や社会での位置づけを、私はずっと考えてきました。まず社会があって、その中で人間が豊かに生きていく手法の一つとしてスポーツがあるべきだ、というのが、東京五輪・パラリンピック前からの持論です。

 従ってオリパラだからといって、スポーツが過剰に前面に出てくることに違和感を覚えていました。ただ、いま東京大会を否定的に捉えているかといえば、そうではありません。

 新型コロナの影響で1年延期…

この記事は有料記事です。残り4100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。