日大三島、33年ぶり2回目の夏の甲子園 静清を破る 静岡大会

[PR]

(29日、高校野球静岡大会決勝 日大三島8―1静清)

 第104回全国高校野球選手権静岡大会の決勝が29日、草薙球場であり、日大三島が静清を破り、33年ぶり2回目の優勝を果たした。8月6日に阪神甲子園球場兵庫県西宮市)で開幕する全国大会に出場する。

 日大三島はエース松永を中心に堅実な守りで勝ち上がった。準決勝では、好打者がそろう掛川西を相手に8回3分の1を投げて1失点と好投。「全員野球」をモットーに、つなぐ打線も光った。17年ぶり2回目の全国大会出場をめざした静清は、あと一歩及ばなかった。