力出しきって地域盛り上げられた 尚志と南会津のラストミーティング

有料記事

[PR]

 第104回全国高校野球選手権大会は連日、熱戦が繰り広げられています。試合後、各球場をあとにしたチームのミーティングから、監督や選手らの言葉を紹介します。今回は福島大会に出場した尚志と南会津をお伝えします。

福島大会4回戦 尚志1―6東日大昌平

 尚志・庄司晃啓監督 本当に勝たせてやれなくて申し訳なかった。3年生にとっては最後の試合になっちゃったけど、終盤にかけて意地をみせてくれて、必死になって声出して、全力で走って、常日頃から言っていることを体現してくれたと思う。

 やっぱり、ベスト8目指して…

この記事は有料記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。