放置された段ボール、開けると昭和の女性用下着…防災担当職員の嘆き

有料会員記事

大坪実佳子
[PR]

 福島市のイラストレーター、ico.(いこ)さん(36)は数年前、2011年に発生した東日本大震災の避難所で実際にあった出来事を4コマ漫画にしてほしいと依頼され、衝撃を受けた。

 年配の男性が、避難所にいた女性を集め、生理用ナプキンを1人につき1枚ずつ配ったのだという。

 個人差はあるが、生理中は1日にナプキンが何個も必要な一方、生理は約1カ月に1度しかないため、全員に配る必要はない。

 受け取った人たちは、ナプキンはトイレに備え付けたり、女性が配ったりするといった配慮をしてほしかったと感じた、というシーンだった。

    ◇

 このエピソードは、公益財団法人「せんだい男女共同参画財団」(仙台市)が震災の教訓を伝えようと市民に募ったところ、寄せられたのだものだった。

 ico.さんは「女性にとっては当たり前なのに……」と、防災に女性の視点が必要なことを痛感したという。

 漫画は「知らなかっただけなんです」というタイトルで、財団の広報誌に掲載された。

 実は、ico.さん自身も、アトリエを兼ねた自宅を2度、災害で失っている。東日本大震災では宮城県名取市の実家が津波で、19年には福島市内の自宅アパートが台風19号による川の氾濫(はんらん)で流された。

 幸い、いずれも親戚の家など…

この記事は有料会員記事です。残り1155文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら