教員免許の授与数、20万件割れ 「過労死ライン」の労働環境影響か

有料記事

高浜行人
[PR]

 学校で教員不足が問題になるなか、教えるのに必要な教員免許状の授与件数が大きく減っている。文部科学省が6月に発表した2020年度は計19万6357件(前年度比7440件減)で、データのある03年度以降では初めて20万件を切り、最少となった。特に中学校や高校の落ち込みが激しく、文科省は「過労死ライン」を超える教員の長時間労働の実態が広く知られ、教職が敬遠されている可能性があるとみている。

 文科相の諮問機関、中央教育審議会の部会では、免許件数の減少に歯止めをかけるため、教職課程の履修負担を軽減する案が議論されている。文科省は年内に答申を受け、制度改正に乗り出す方針だ。

 文科省によると、20年度の普通免許状の授与件数は小学校が2万8187件(前年度比146件減)、中学校が4万4297件(同1712件減)、高校が5万2629件(同2355件減)、特別支援学校1万2300件(同1094件減)、幼稚園4万4225件(同1928件減)など。

 03年度以降で最も落ち込み幅が大きいのは高校で、最多だった06年度の約8万3千件から4割近く減り、中学校も06年度の約5万8千件から2割以上減った。一方、小学校は最少の03年度から約4千件増え、近年はほとんど変動がなかった。

 教員免許は教職課程のある大…

この記事は有料記事です。残り548文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    武田緑
    (教育ファシリテーター)
    2022年8月19日9時53分 投稿
    【視点】

    教員免許は、よくも悪くも「とりあえず取っておく」という学生が多いものでした。私が教員養成課程にいた学生時代も、同級生には「教師になるつもりはないが、親に保険として教員免許を取っておけと言われて」という人が少なくありませんでした。その層が免許

  • commentatorHeader
    小室淑恵
    (株式会社ワーク・ライフバランス社長)
    2022年8月2日17時18分 投稿
    【視点】

    ブラック企業では優秀な人材を採用できない、というのは既に民間では常識だ。ところが、「公僕」となるとなぜか労働環境には目を向けず、「やりがいをもっと発信するべきなのでは?」と迷走したりする。これは教員だけでなく、国家公務員・地方公務員に関して