次世代半導体の量産へ開発協力 日米「経済版2+2」で合意

有料記事

米ワシントン=若井琢水、榊原謙
[PR]

 日米両国は29日に米ワシントンで開いた外務・経済閣僚による「日米経済政策協議委員会」(経済版2プラス2)の初会合で、経済安全保障での協力を盛り込んだ共同声明をまとめた。軍事・経済両面で存在感を増す中国に対抗するため、次世代半導体の量産に向けた研究開発を加速させる。

 終了後の共同記者会見で、萩生田光一経済産業相は「外交・安全保障政策と経済政策はもはや一体不可分。将来の産業競争力を左右する次世代半導体技術の開発は、日米協力の最重要分野だ」と述べた。

 経済版2プラス2は、外務・防衛閣僚による「2プラス2」を経済分野に広げる枠組みで、日米の同盟関係の新たな一歩となる。

 半導体はあらゆるハイテク機…

この記事は有料記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!