ヤンゴンの抗議デモめぐり日本人が治安当局に拘束 20代男性

有料記事

ヤンゴン=福山亜希
[PR]

 ミャンマーの最大都市ヤンゴンで30日、20代の日本人男性が治安当局に拘束されたことが現地の日本大使館への取材でわかった。複数の現地メディアによると、男性は国軍の支配に抗議するデモの近くにいたという。

 同国では昨年2月にクーデターを起こし、実権を握った国軍の監視が強まっている。現地メディア「ボイス・オブ・ミャンマー」などによると、30日夕、ヤンゴン南部で若者らが抗議デモを行い、当局が男女3人を拘束した。そのうちの1人は「クボタトオル」という名の日本人男性で、カメラを所持していたという。

 男性は近くの警察署で取り調べを受けており、日本大使館が早期解放を求めている。本人との面会はできていないという。

 国軍は今月25日、国軍の支…

この記事は有料記事です。残り171文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。