グリコじゃんけん、いつからあった? 戦略は? 必勝法も探ってみた

有料記事

向井大輔
[PR]

まだまだ勝手に関西遺産

 先日、取材帰りに横切った公園でちびっ子たちが「グリコじゃんけん」をしていた。グーで勝てば、「グ~リ~コ!」と3歩進み、チョキなら「チョコレート」、パーだと「パイナップル」でそれぞれ6歩進んで、先に目的地にゴールした方が勝ち、というあの遊びだ。記者(46)も子どもの頃によく遊んだ。

 今もやっているんだなあと懐かしく思った時、ふと疑問が浮かんだ。

 「グリコって何だ?」

90年前の朝日新聞の広告に

 もちろん真っ先に思いついたのは「江崎グリコ」。今年創業100年を迎えた、大阪が誇る菓子・食品メーカーだ。調べると、面白いものに出くわした。1933(昭和8)年2月16日付の大阪朝日新聞だ。経済の記事が並ぶ一番下の段に小さくグリコの広告が載っていて、「東京でハヤる ジヤンケンのよび方」として紹介されている。さらに同18日付の東京朝日新聞にも同じ広告が。90年近く前にすでに存在していたのか。

記事の後半では、江崎記念館の石橋達二館長の考察を紹介するとともに、ゲーム理論が専門の東京都立大学の渡辺隆裕教授に「勝てる戦略」について聞いています。

 詳しく探るべく、江崎グリコ…

この記事は有料記事です。残り1364文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント