エコに乾杯! サントリー「プレモル」に数量限定の「CO2削減缶」

有料記事

山下裕志
[PR]

 サントリーは31日、缶の製造過程で出る二酸化炭素(CO●(下付き2))の量を6割減らした缶ビール「ザ・プレミアム・モルツ」(プレモル)の2商品を売り出すと発表した。中身は従来と同じだが、缶に使うアルミニウムを全てリサイクル素材に替えることで、アルミを新たにつくるのに必要な電力消費を抑えたという。

 「プレモル」と、同シリーズの「〈香る〉エール」。価格は現行品と変わらず、コンビニでは350ミリリットル缶で235円程度(税抜き)と想定している。9月6日から約70万本限定で全国のスーパーやコンビニに並ぶ。

 アルミメーカーのUACJと、容器製造の東洋製缶グループホールディングスが共同開発したアルミ缶を、サントリーが採用した。

 通常、ビールのアルミ缶はリ…

この記事は有料記事です。残り319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。