シャッターで閉店伝えたら…思わぬ光景、パン屋店主が2枚目の貼り紙

[PR]

 小さなパン屋の作業場の窓に薄明かりが差し込んできた午前4時ごろ。

 パンを作っていた渡辺好一(よしかず)さん(81)は足を滑らせて転んだ。

 「もうやめる」

 そう言った夫に妻チサさん(79)が言った。

 「もうちょっと頑張ろうよ」

 だが、好一さんの決心は固かった。

 病気を患い、足を引きずって歩くようになっていた。

 「けじめをつけないといけない」

 7月末、夫婦で45年営んできたパン屋を閉じると決心した。

 突然決まった閉店。事前に告知する間はなかった。

 お客さんに伝えたいことを書き記し、店のシャッターに貼った。

 「この度体力の限界により閉店させて頂きたくご挨拶(あいさつ)申し上げます 45年間の御愛顧を賜り誠に有りがとうございました」

 それから数日後、想像していなかったことが起きた。

 「ワンワンのパンおいしかったです。りのより」

 閉店を伝える貼り紙の下に、子どもの字で、こんなメッセージが貼られた。

 それだけでは終わらなかった…

この記事は有料記事です。残り1863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]