井上義行氏、旧統一教会の賛同会員を退会 「自民党の方針で」

[PR]

 「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の「賛同会員」であることを認めていた自民党の井上義行参院議員が31日、朝日新聞の取材に会員を退会したと説明した。自民が教団側との関係見直しを打ち出したことから、「党の方針で退会することにした」と述べた。

 今後は教団側から選挙支援などを受けないか問われると、「関係がなくなるので、そういう感じになると思う」とした。井上氏は安倍晋三元首相の首相秘書官を務めていた。今夏の参院選比例区から当選。選挙後に教団側との関係が取りざたされたことを受け、信徒ではないとしたうえで、政策に賛同を得られたことから「賛同会員」になったとしていた。

 教団と自民議員の関係については、岸田文雄首相が茂木敏充幹事長に「当該団体との関係を断つことを党の基本方針とし、所属国会議員に徹底する」ことなどを指示していた。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]