いつか宇宙へ?南極で”お泊まり”体験、移動基地を解体して大陸へ

有料記事

中山由美
[PR]

 月や火星に基地を造るなら……、そんな構想を南極を舞台に初めて試みる実証実験が続いている。

 基地主要部から離れた「見晴らし岩」近く、黒い物体がそりの上にたたずむ。宇宙航空研究開発機構(JAXA)とミサワホーム国立極地研究所が共同で開発する「南極移動基地ユニット」だ。61次隊が持ち込み、極夜前の2020年5月、極寒の中で組み立てた。冬の間、室内の温度や二酸化炭素濃度、太陽光発電量などを測っていた。

 9月、「もうすぐ解体するので『お泊まり』するなら今のうちに」と建築担当の鈴木聡さんが皆に伝えた。厳しい環境下での組み立ては成功した。極寒や強風にも耐える「快適な居住空間」を目指すなら、住み心地も試さなくては!

27日「未来はっけん!地球探検」質問募集中!

南極記者と科学者に聞いてみよう!「未来はっけん!地球探検」夏休みスペシャル 27日午後2時~。申し込みは(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11008724別ウインドウで開きます)またはQRコードから。

 19日深夜、隊員を誘って出…

この記事は有料記事です。残り871文字有料会員になると続きをお読みいただけます。