クリスマスの約束「私を甲子園に…」 レジェンドと選手がかなえる日

有料記事

編集委員・稲崎航一
[PR]

 甲子園での決勝進出を決め、横浜隼人の選手たちが喜びのインタビューを受けている。

 田村知佳監督(42)は、その輪から少し離れて遠くを見るような目で、ぽつりとつぶやいた。

 「甲子園に行ける。そういうルートもあるんだな」。万感がこもっていた。

 全国高校女子硬式野球選手権…

この記事は有料記事です。残り1042文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    安藤嘉浩
    (朝日新聞スポーツ部記者=高校野球)
    2022年8月2日14時48分 投稿
    【視点】

     一緒にプレーしたことがあるという女子選手から「知佳はすごい。根性が違う」と聞いたことがあります。日本の女子野球は平成に入って少しずつ再拡大し始めましたが、当時の選手は硬式野球をしようと思えば、男子に混じってプレーするしかなかった。そこから

  • commentatorHeader
    稲崎航一
    (朝日新聞編集委員=スポーツ、野球)
    2022年8月2日7時45分 投稿
    【視点】

    国学院久我山は進学校でもあり、甲子園で優勝するような強豪校というわけではないのですが、この時代(いわゆる松坂世代ごろ)はかなり強かったです。 後に巨人や日本ハムで活躍する矢野謙次、広島のドラフト1位・河内貴哉らを擁して、1997年秋季