進化するネコに「イヌ化」の兆し 「気まま・ツンデレ」から変身中?

有料記事

聞き手・中島鉄郎
[PR]

 「ネコの時代」といわれる。だが人間はネコの「心」について多くを知らない。身近すぎて研究の対象にはなりにくく、科学的にまだまだ不明な点が多いのだそうだ。そもそもネコって本当に「気まま」なのか? それは人間の思い込み? 麻布大学特別研究員の高木佐保さんに、最新のネコ研究の成果を聞いた。

たかぎ・さほ

 1991年生まれ。専門は比較認知学。ネコの認知を心理学的手法で調べる。「ネコが思い出を持つこと」「音で物の位置を確認すること」の研究で2017年京都大学総長賞受賞。著書に「知りたい!ネコごころ」など。

 ――「飼い主の存在も意に介さず、気まま」というのがネコのイメージですが。

 「ネコを調査していて、最近そうとも言えないネコが増えている実感はありますが、研究結果でも、その基本的な像が変わることはありません。ただ、飼い主を気にかけておらず求めるときだけいてくれればいい、というほど勝手な感じではなく、実際にはネコなりに飼い主の存在を意識していることがわかってきました」

 ――どんな実験をすれば「飼い主を気にかけている」と言えるのでしょうか。

 「心理学用語でいう『期待違反法』を使った実験をするのです」

 ――「期待違反法」とは?

 「マジシャンの手品を想像してください。絶対に右手の中にあるはずの千円札が、いざ手を開いたら左手から、しかも1万円が出てきたらびっくりしますよね。期待(推理)と違う事態が起きると、人間は普通より長くじっとそれを見る習性があります」

 「この心理学の方法を使うと、例えば言葉を話さない乳児が『1+1=2』を理解できているか調べられます。これは動物でも同じなのです。1、2秒でも見る時間が長ければ、その理由は『期待(推理)』と違うからだとなり、何を推理していたかわかります」

 ――具体的にはどういう実験から?

研究対象になりにくかったネコは、その認知能力が低く見積もられていた、と高木さんは話します。そして記事の後半では、人間と暮らす中でネコが進化し、あの動物にどんどん似てくる可能性がある、というのです。

 「ごく簡単に言いますと、室…

この記事は有料記事です。残り3097文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    太田匡彦
    (朝日新聞記者=ペット、動物)
    2022年8月10日10時54分 投稿
    【視点】

     猫については近年、考古学的な発見も相次いでいます。2004年に地中海のキプロス島で、30歳くらいの男性が猫と一緒に埋葬されている墓が発掘されました。約9500年前のものといいます。それまでは約4千年前の古代エジプトの絵画が、猫が飼いならさ