クラブメッドがキロロに進出へ 北海道3カ所目、コロナ収束見据え

日浦統
[PR]

 フランスを拠点に世界でリゾートホテルを運営するクラブメッドが今年、キロロリゾート(赤井川村)に進出する。同社の道内リゾートとしてはサホロ(新得町)、トマム(占冠村)に次いで3カ所目。コロナ収束後のインバウンド回復をにらみ、道内も外資の投資が盛んになっている。

 既存の2ホテルを大幅に改装し、二段階でオープンする。今年12月に山上部のホテル「キロロ ピーク」が、来年夏以降にふもとの「キロロ グランド」が開業する。ホテルの部屋数は合わせて約400室となる。ピークの予約は今年8月から受け付けを始める。大人2人1室利用で1人3万9000円から(オールインクルーシブ料金)。

 トマムの開業にも関わったというマーク・ルトゥールノ東北アジア代表取締役は「キロロは知名度があり、観光地の小樽も近い。長期滞在を意識して、スキーをしない人も楽しめる設備にしていく」と語る。(日浦統)