ボーイングが日本国内初の技術開発拠点設立 エコ燃料研究へ

有料記事

高橋豪
[PR]

 米航空機大手ボーイングは1日、日本に「研究開発センター」を設立したと発表した。廃食油やごみを原料にした「持続可能な航空燃料」(SAF)や水素燃料、エンジンの電動化などの研究開発を通し、航空産業の脱炭素化につなげたい考えだ。

 同社の技術開発拠点は米国以…

この記事は有料記事です。残り180文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。