賃貸アパートの屋根が「電気の畑」 住宅建設会社が借りて発電

有料会員記事

高橋豪
[PR]

 賃貸住宅建設会社がアパートやマンションの屋根で太陽光発電をする事業に力を入れている。入居者とオーナー双方が恩恵を受けつつ、再生可能エネルギーの普及にもつながるとアピールしている。

 大手の大東建託は、アパートの屋根をオーナーから「間借り」して太陽光パネルを設置し、入居者に電気を売ったり国の固定価格買い取り制度(FIT)で売電したりするビジネスを進めている。昨年9月に建てた千葉県八千代市内のアパート2棟の屋根には、太陽光パネルがびっしりと敷き詰められていた。出力は1棟あたり13・5キロワットで、一般家庭4・5世帯分にあたる。

 設置費や維持費はグループ会社が負担し、オーナーには毎月1万5千円の賃料が入る。オーナーの福田知世子さん(63)は「屋根を貸しているだけ。お金がかからないのに小遣いが入ってくる。土地さえあればもっとやりたい」と話す。

 同社では、6月末時点で管理…

この記事は有料会員記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら