スマホ断ちの3泊4日 中学生が見直したデジタル機器とのつきあい方

有料会員記事

池田拓哉
[PR]

 インターネットの世界から離れ、山々に囲まれた慣れない生活に、夏休み中の中学生が挑んでいる。3泊4日の集団活動を通じ、大好きなスマホとの上手な付き合い方を学ぼうとしている。

 活動は7月31日に山梨県身延町のアウトドア施設「みのぶ自然の里」で始まった。主催は山梨県。中学生の手元にスマホはない。

 「1日30分だけ勉強してスマホは使わない子ども。2時間勉強するけどスマホを4時間使う子ども。どちらの子が成績がいいでしょう」

 2日目の8月1日、県立精神保健福祉センターの志田博和所長(47)が参加者15人に語りかけた。

 正解は「30分勉強、スマホ…

この記事は有料会員記事です。残り633文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら