「人間ならではの『思い』を」 羽生善治九段と井山裕太王座が対談

有料会員記事

北野新太
[PR]

 将棋の羽生善治九段(51)と囲碁の井山裕太王座(33)=名人・本因坊・碁聖と合わせ四冠=が1日、都内で行われた王座戦70期記念対談「AIと囲碁将棋の深遠な世界」(日本経済新聞社主催)に臨んだ。

 十数年前から親交があり、2018年には国民栄誉賞を同時受賞した両者。近年の互いの印象について、羽生九段が「井山さんの対局姿は疲れている様子がない。不死身なのかな、体力がすごいんじゃないかなと思います」と明かすと、井山王座は大いに恐縮。「羽生先生に言っていただくと……。いや、見せていないだけで全然疲れています……」

 対談の主題はAI時代におけ…

この記事は有料会員記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら