旧統一教会関係者から選挙手伝い 岸防衛相「見直していかなければ」

[PR]

 岸信夫防衛相は2日午前の閣議後会見で、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の関係者から過去の選挙で手伝いをしてもらったことをめぐり、「しっかり見直していかなければいけない」と語った。

 岸氏は7月29日の会見で同教団の関係者が自身の選挙を手伝っていたことについて、「正しかったのかどうかも含めて、しっかり検討していかなければいけない」と述べていた。

 2日の会見では、岸氏は「旧統一教会として、組織としての付き合いがあったわけではない」としつつ、「選挙区で長年のつきあいをしている中で、そういうバックグラウンド(背景)をお持ちの方がいる。そういう方から応援を頂いているのも事実だ」と改めて説明。今後の関係について、「(旧統一教会には)様々な社会的問題が浮上している状況で、これまでの関係についてしっかり見直していかなければいけないと思っている」と述べた。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]