旧統一教会との関わり「党としての連絡、会合招待ない」自民・茂木氏

自民

[PR]

 自民党茂木敏充幹事長は2日の記者会見で、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と党との関わりをめぐり、「党として関係部門に確認するよう指示し、これまで一切の関係を持っていないことを確認した」などと述べ、党として組織的に教団と関わりがないとの認識を改めて示した。

 茂木氏は「党の組織運動本部が何らかの連絡を取ってきたとか、党の会合に(教団を)招待したとか、関係団体リストに旧統一教会関連団体の記載(がないか)を確認したところ、そういったものはないとの回答だった」と説明した。

 教団と自民党議員との接点が次々と明るみに出るなか、野党からは自民に対し「党で調査すべきだ」(立憲民主党泉健太代表)との声が出ている。立憲や日本維新の会は、党所属の国会議員らに対し、教団からの献金や選挙支援の有無などについて実態調査を実施している。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]