南ちゃんと歩んだ日々 声優・日髙のり子さん あだち先生からの宝物

有料記事

聞き手・高橋美佐子、写真・石田潤
[PR]

 高校野球が舞台の伝説のアニメ「タッチ」。ヒロインを演じた声優の日髙のり子さん(60)は長く、自分の声に自信がなかったそうです。その理由とは――。(聞き手・高橋美佐子、写真・石田潤)

 「タッチ」の浅倉南の声を演じたのは1985年からの2年間。その後、私は南ちゃんというキャラクターと、つい最近まで「つかず離れず」の関係でした。

 当時はアイドル歌手から転身したばかり。週1回のアフレコでは自分の番がくるとマイクへ近づいてしゃべるんですが、私だけ映像とセリフが合わなくてフィルムが止まるんです。一人での居残りや、先輩を付き合わせて何度もリテイクしました。

 すでに国民的人気漫画だった…

この記事は有料記事です。残り583文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!