• アピタル

コロナ「中等症」、100件以上入院を断られ 救急搬送困難の結末は

有料記事新型コロナウイルス

小松隆次郎
[PR]

 「ちょっと厳しいな……」

 救急隊員が去ったあとの部屋で、「ひなた在宅クリニック山王」の田代和馬医師(32)が小声でつぶやいた。

 ベッドに横たわる男性の指先につけたパルスオキシメーターが示していたのは、血液中の酸素飽和度93%。酸素を吸入してもなお、「中等症」の状態だった。

 苦しそうにうめく男性に、田代医師が言葉をかけた。「引き続き入院調整をかけていくからね。一緒にがんばろう」

 ただ、救急隊員による入院依頼は100件以上断られ、男性が入院できる可能性はほとんど残されていなかった。

    ◇  ◇    

 先月28日、東京都内で訪問診療をする「ひなた在宅クリニック山王」の田代和馬医師(32)は、東京都品川区に住む男性患者(83)の自宅を訪ねた。末期の大腸がんをわずらっていたが体調は良く、「コロナが落ち着いたらボウリングをしよう」と楽しみにしていた。

持病ある高齢男性 急変で抗原検査をすると…

 ところが2、3日前から急に…

この記事は有料記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]