緊張の抽選、それはご縁であり醍醐味 聖光学院部長の甲子園リポート

有料記事

聖光学院野球部部長 横山博英=構成・滝口信之
[PR]

聖光学院・横山博英部長の甲子園リポート

 2日の練習は兵庫県の私立高校のグラウンドをお借りしました。ここの監督の息子さんが本校野球部OBであり、そのご縁で今回の借用となりました。

 基本的に本校は勧誘活動をしていません。中学生の試合を見に行くこともほぼなく、様々なご縁で「聖光学院で野球をしたい」という選手で勝負しています。

 高校3年間、どこに行っても楽な高校野球はありませんし、聖光学院に来てもみんなが「本気」で活動していますから、決して楽ではないと思います。甲子園に行くことも約束できません。

 しかし、3年間やり通し、卒…

この記事は有料記事です。残り494文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    安藤嘉浩
    (朝日新聞スポーツ部記者=高校野球)
    2022年8月4日0時36分 投稿
    【視点】

     聖光学院の横山博英部長は、とてもお話がうまく、選手に対しても理論立てて丁寧に言葉を使って指導される方です。斎藤智也監督もお話が面白い方ですから、選手は幸せです。横山部長はふだんは主に下級生を指導されていて、しっかり基礎練習を積んだ選手を斎