第6回3.8万人以上の子どもが原爆の犠牲に 生き残って罪悪感を持つ人も

[PR]

 1945年8月の広島、長崎への原爆投下では、広島で約14万人、長崎で約7万4千人が45年末までに死亡したとされる。子どもたちはどんな被害を受けたのか。

 広島市のこれまでの調査では、0~9歳の7万3622人が被爆した。45年末までに7907人が死亡した。10~19歳の死亡も1万5543人にのぼる。

 長崎市によると、0~9歳で被爆したのは4万9684人。うち6349人が45年末までに亡くなった。10~19歳の死亡者は8724人。

 広島、長崎両市とも、氏名などが確認された人のみを集計の対象としており、実際の被害はさらに膨らむとみられる。

 被爆した子たちを苦しめたのは、放射線の影響だ。

 広島大原爆放射線医科学研究…

この記事は有料記事です。残り485文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]