「米国は危機を望んでいない」 ペロシ氏の台湾訪問で米高官

有料記事

ワシントン=清宮涼
[PR]

 ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、中国が台湾周辺での軍事演習を発表するなど反発を強めていることをめぐり、米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報担当調整官は2日の会見で、「(中国が)さらに反応を続けると予期している」と懸念を示し、中国側の動向を注視する考えを示した。

 カービー氏は、中国が実弾を用いたさらなる大規模な軍事演習や、経済的な威圧などをする可能性があるとの見通しを示した。「中国が下院議長の訪問を、危機や紛争を引き起こす口実にする理由はない」と述べ、中国側の動きを改めて牽制(けんせい)した。

 また、「米国は危機を望んでいない。軍事力による威嚇をするつもりはない」として、状況を注視するとした。中国との意思疎通を続ける考えも示した。

 米中間の緊張を高めかねない…

この記事は有料記事です。残り189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。