足りぬ教員、19都道府県・4政令市で1020人 教職員組合調査

有料記事

桑原紀彦
[PR]

 全日本教職員組合(全教)は3日、公立の小中高校と特別支援学校の今年5月1日時点の教員配置状況を調べたところ、19都道府県・4政令指定市で1020人の欠員が生じていたと発表した。教員の労働環境悪化がなり手不足を招いているなどとして、文部科学省に改善を申し入れる。

 全教が各地の教育委員会や学…

この記事は有料記事です。残り337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。