将棋の里見香奈女流四冠、「清麗」奪取で女流五冠に 加藤清麗に勝利

有料会員記事

佐藤圭司
里見香奈女流四冠、清麗を奪取「対局は最大の勉強」【第4期将棋清麗戦】=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の第4期清麗戦(大成建設主催)五番勝負の第3局が3日、名古屋市中村区の「名古屋マリオットアソシアホテル」で指され、挑戦者の里見香奈女流四冠(30)=女流王座・女流王位女流王将倉敷藤花(とうか)=が加藤桃子清麗(27)に108手で勝利。シリーズ成績3勝0敗でタイトルを奪取し、女流五冠に返り咲いた。

 里見女流五冠の清麗獲得は3期目。女流タイトル通算獲得数は49期(清麗3期、女王1期、女流王座5期、女流名人12期、女流王位8期、女流王将8期、倉敷藤花12期)となり、自身が持つ歴代単独1位の記録を更新した。

 加藤前清麗は前期、3勝2敗で里見女流五冠から奪取したタイトルの防衛は成らず、無冠となり、将棋界の女流タイトル八つを里見女流五冠、西山朋佳女流二冠(27)=白玲・女王=、伊藤沙恵女流名人(28)の3人で分け合う構図となった。

 里見女流五冠は、27日に開…

この記事は有料会員記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら