詐取した5940万円、返済したふりで「記念写真」 市議と共謀の男

有料記事

古畑航希
[PR]

 独立行政法人福祉医療機構(WAM)」の新型コロナウイルス対応の融資制度をめぐる詐欺事件で、大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)らとともに福岡県警に逮捕された、自称無職の渡部秀規容疑者(48)が、被害に遭った福祉施設に対して、詐取した5940万円を返却したように偽装していたことが関係者への取材でわかった。関係先への税務調査で詐欺容疑が発覚することを警戒したとみられるという。

 県警によると、渡部、吉羽両容疑者ら5人は、堺市の福祉施設にWAMの融資について架空の「仲介」話を持ちかけ、施設側から、融資を受けた額の約半分にあたる5940万円を手数料として徴収。捜査関係者によるとこの際、自分たちが運営に関与する大阪市内のコンサルティング会社2社に「業務委託料」の名目で振り込ませていた。

 関係者によると、渡部容疑者…

この記事は有料記事です。残り368文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!