「飲酒疑惑」吉川氏、2カ月ぶり公の場 説明拒み批判やまず

山崎琢也、黒田壮吉
[PR]

 【静岡】臨時国会が召集された3日、18歳の女子学生と飲酒したなどと週刊誌で報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員=比例東海ブロック=が国会に姿を現した。約2カ月ぶりの公の場となったが、「係争中の案件」などとして、事実関係を含めて説明を拒んだ。

 吉川氏は7月中旬に自身のブログで「飲酒不可能な年齢とは認識していなかった」などと釈明。週刊誌の取材方法に問題があるとして「訴訟を提起する」としていた。また、地元・富士市の記者クラブが記者会見を開くよう要望したが、「すべてブログに公表した通り。会見の要望は辞退します」と回答していた。

 ただ、自身の口から説明がないなか、吉川氏への批判はやまず、与野党から議員辞職を求める声が相次いでいる。この日も立憲民主党が議員辞職勧告決議案を6月に続いて再び、衆院に提出した。

 3日の衆院本会議に出席した吉川氏は報道陣の質問に「ブログに書いてある通り」「(有権者への説明は)個別にしていく」などと答えるだけだった。

 かつて吉川氏を支援した自民党富士市富士支部の稲葉寿利幹事長によると、いまだに地元への説明はないという。稲葉幹事長は「恥を知らない男だ。ブログで一方的に説明するだけでは国会議員の資格がない」と批判。「週刊誌に書かれた当時は怒り心頭だったが、今はあんな者を議員にしてしまったという自責の念に駆られている」と話した。(山崎琢也、黒田壮吉)