【写真まとめ】平和願う8月6日 広島原爆投下から77年

核といのちを考える

[PR]

 原爆投下から77年を迎えた8月6日。広島市中区平和記念公園には、朝から多くの人が訪れ、原爆死没者慰霊碑の前などで亡くなった犠牲者へ祈りを捧げていました。

8・6 あの場所で、もう一度

今年で被爆77年。広島県版で続く連載「聞きたかったこと」で被爆体験を語ってくれた被爆者の方々と一緒に「あの日」と同じ場所を訪れました。変わった街の風景に当時を重ねて、もう一度、話を聞きました。

 ロシアによるウクライナ侵攻が長期化する中で迎えた「原爆の日」。平和を願う人々の姿を写真でお伝えします。

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]