第3回母の入信、家庭崩壊…容疑者、困窮の91年 ある政治家が始動した

有料記事

【動画】】証言「あの時、何が」元首相銃撃 緊迫の15分

【前回はこちら】「愛されるために」山上容疑者、母への渇望 「団長」へ通ずる幼少期

 応援団として声を張り上げた高校時代の山上容疑者。「強くなりたくて、頑張っていたのかも」と同級生は推し量ります。山上容疑者は何を心に秘めていたのか。事件前のツイートに垣間見られました。

[PR]

 「1991年ごろの入信とほぼ同時に2千万の献金。そして3千万、さらに3年後ぐらいに1千万。原資は……、命の代償です」

 山上徹也容疑者(41)の伯父(77)は取材に、容疑者の母親が「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」に入り、献金として注ぎ込んだ大金は、死亡した夫、つまり容疑者の父親の生命保険を元にしたものだった、と明かした。

 山上容疑者は当時10~11歳。祖父が営む建設会社がある奈良市で暮らしていた。しかし生活は大きく傾き、崩壊へと突き進んでいく。

 伯父が一家の困窮ぶりを説明する。

「包丁を持ち出した」修羅場、克明に

 「オレが14歳の時、家族は破綻を迎えた」。山上容疑者は、困窮した少年時代をこう振り返っています。ちょうどその頃、一人の大物政治家が世を去り、その息子が政治人生を歩み始めようとしていました。

 「母の入信以来、私が徹也や…

この記事は有料記事です。残り1781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]