公取委は「弱小官庁」なのか 月9ドラマで脚光 実像は…

有料記事

米田優人
[PR]

 談合やカルテルを監視する公正取引委員会が、にわかに脚光を浴びている。7月からは審査官の活躍を描くドラマの放送が始まった。独占禁止法を駆使して不正をただす公取委。作中では「弱小官庁」として描かれているが、実際はどうなのか。(米田優人)

 複数のホテルの間でのウェディング費用をめぐるカルテルや、納入業者に対する下請けいじめ――。

 7月にフジテレビ系列で放送が始まったドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)は、こうした疑惑に、東大法学部を首席で卒業した理屈っぽい男性審査官と、実直で感情のまま動く女性審査官らが立ち向かうストーリーだ。作中では審査官らが「弱小官庁」としての悲哀をにじませる場面も。俳優の坂口健太郎さんと杏(あん)さんがダブル主演を務め、話題を呼んでいる。

公正取引委員会はどんな仕事をしているのか。本当に「弱小官庁」なのか。記事の後半では「ミスター公取」との声もあがる公取委OBに話を聞きました。

 原作は作家の新川帆立(ほた…

この記事は有料記事です。残り1604文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!