広島原爆投下から77年 平和記念式典に国連事務総長が初めて参列へ

核といのちを考える

福冨旅史
[PR]

 米国が広島に原爆を投下してから、6日で77年となる。ロシアがウクライナに侵攻し、核兵器使用の懸念が高まる中で迎える原爆の日になる。

 広島市中区平和記念公園では6日朝、平和記念式典がある。地元選出の岸田文雄首相が首相就任後では初めて出席し、あいさつする。国連のグテーレス事務総長も初めて参列する。

 広島市松井一実(かずみ)市長は式典で読み上げる平和宣言で、核兵器禁止条約に否定的な日本政府に対し、来年開かれる第2回締約国会議に参加することや、条約に署名・批准することを求める。

 広島市によると、式典には過去最多の101カ国の駐日大使らが参列する予定だ。昨年参列したロシアについては今年、ウクライナ侵攻を理由に招待しなかった。

 厚生労働省によると、今年3月末現在、被爆者健康手帳を持つ人は11万8935人で、前年同時期より8820人減った。平均年齢は84・53歳で、初めて84歳を超えた。

 平和記念式典では、この1年に死亡が確認された被爆者ら4979人の名前を加えた原爆死没者名簿が奉納される。死没者の総数は計33万3920人となる。(福冨旅史)

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]