そこに暢子がいた ああ、ちむどんどんする「聖地巡礼」の醍醐味

有料会員記事

石田博士
[PR]

メディア空間考 石田博士

 それは不思議な感覚だった。

 7月31日、横浜市鶴見区の工業地帯の一角にある公園を訪れた。

 開かれていたのは「第76回沖縄角力(すもう)大会」。地元の県人会などの主催で、コロナ禍を乗り越えて3年ぶりの開催だ。

 戦前から沖縄出身の人が多く住む鶴見で続く、伝統の大会。沖縄県以外の「内地」で続けられている沖縄角力大会は、ここだけだという。

 横浜が初任地だった私もこれまで観戦がかなわず、ぜひ一度見てみたかった。

 気象台によると、この日の横…

この記事は有料会員記事です。残り893文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら