維新代表選、混戦模様で亀裂も懸念 松井氏は支持候補明言

有料記事維新

小手川太朗
[PR]

 日本維新の会代表選(14日告示、27日開票)が混戦模様だ。4日の説明会には5陣営が出席し、松井一郎代表(大阪市長)の後継争いに意欲を示した。結党以来初の代表選を前に、各陣営を通して路線対立が表面化しつつあり、代表選の行方次第では党内に亀裂が生じると懸念されている。

 4日午後、東京・平河町のホテルで、代表選の立候補予定者向けに選挙活動のルールなどを伝える説明があった。馬場伸幸、足立康史、吉田豊史の各衆院議員、東徹、梅村みずほの両参院議員の陣営関係者が出席した。

 2012年に結党。この10…

この記事は有料記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!