新幹線の特急料金、混雑期の値上げ検討 JR東海社長「メリハリ」

有料記事

松岡大将
[PR]

 JR東海の金子慎社長は4日、大阪市内で会見し、東海道新幹線の指定席特急料金について、混雑する時期の料金値上げを検討していることを明らかにした。料金に差をつけ利用を分散させるのが狙い。実施時期は明言を避けた。

 現在の指定席特急料金は混雑の時期ごとに「繁忙期」「通常期」「閑散期」の3種類があり、距離にかかわらず繁忙期は通常期より200円高く、閑散期は通常期より200円安い。この種類を追加するなどして料金の変動幅を大きくすることで、混雑する時期の乗客を減らすことを狙う。

 金子氏は、「メリハリのある」料金が有効と話し、利用客数の波を小さくすることで、座席が確保しやすくなるほか、駅での案内や安全管理がしやすくなることなど、意義を強調した。JR東日本などでは年末年始やゴールデンウィークに「最繁忙期」として、通常期より400円高い料金を導入しており、事例の一つとして参考にするという。

 また金子氏は、国土交通省の…

この記事は有料記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。